訪問看護ステーション「ケアポート(八戸)」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

高齢者に多い冬の皮膚の痒みについて



今回担当の小川です
高齢者に多い冬の皮膚のかゆみについてお話しします


かゆみの原因は皮膚の乾燥。水分と皮脂が減少します。
寒い季節になると皮膚の乾燥やかゆみに悩まされる人が増加します。
特にシニアは、加齢の影響で皮膚の水分を保つ機能が低下し、皮脂の分泌が不足して、乾燥しやすくなります。
乾燥にはホルモンの影響もあり、女性は女性ホルモンが減少する更年期以降になると皮膚の水分量が減少します。男性も70歳近くなると男性ホルモンの減少により皮脂の分泌が減少して乾燥しやすくなります。
皮膚が乾燥すると皮膚を外敵から守るバリア機能が低下し、わずかな刺激にも反応してかゆみを感じたり赤いぶつぶつが出来てきたりします。特に汗腺や皮脂腺が少なく乾燥しやすい部位は衣類が擦れやすい部位は、かゆみが起こりやすくなります。
その他に、腎臓病・肝臓病・糖尿病などの内臓の病気が原因になったり、服用している薬のためにかゆみが起こることがあります。

かゆくてもかくのは我慢。かけばかうほどかゆくなります。
かゆいところがあると我慢できずについかいてしまい、「血が出るまでかいてしまう」という患者さんもいます。
かくと刺激になってかえってかゆみが増したり、皮膚に炎症が起こるなど、悪循環に陥ってしまいます。中には炎症の影響によって、全身に湿疹が広がったり、熱が出たりすることがあります。
また、乾燥して荒れた皮膚からはさまざまな異物が侵入しやすくなるため、アレルギーを起こしやすい人では、アトピー性皮膚炎などを発症することもあります。

かゆみの対策。季節を問わず毎日保湿しましょう。
皮膚の乾燥対策で最も重要なのが、保湿剤を毎日きちんと塗る事です。
十分保湿を行うことで皮膚のバリア機能を高め、トラブルを防ぐことができます。
また、刺激を受けやすい手を守るために、水仕事ときはゴム手袋をつけることも習慣にしてください。

保湿


<保湿剤のタイプ>
保湿剤は、水分・油脂・保湿成分等でできている。油脂の水分の含有量により、いくつかのタイプに分けられている。乾燥の程度が強いほど油脂が多いタイプが適している。
ローション…油脂が少なく、水分が本も多い。さらっとしているが、保湿時間が短い。
乳液…ローションより水分が少なく、油脂が多い。塗りやすいが保湿時間は短い。
クリーム…乳液より水分が少なく、油脂が多い。塗りやすいが保湿時間はやや短い。
軟膏(ワセリン)、オイル…皮膚の表面を油膜で覆う。保湿時間は比較的長いが、べたつくなどの使用感がある。
どれを選べばよいか迷うかもしれませんね。一般に寒い季節は乾燥しやすいので、油脂を多く含むクリーム、軟膏、オイルなどが適しています。
皮膚の状態に合わせるのはもちろんですが、毎日使うものなので、使い心地も考え自分に合ったものを選びましょう。
スポンサーサイト
by FC2USER018648HAI  at 18:16 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する