訪問看護ステーション「ケアポート(八戸)」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

排便について



みなさん、こんにちは
今回のブログ担当の工藤です

日常的に排便ケアをしている私たちですが、学びを深めるために先日、青森県看護協会主催「排便ケアと地域連携」という研修に参加しました。その報告をしたいと思います

研修では、以下の事を学びました。
排泄とは…
外界から取り入れた物質を消化吸収した結果、不要になった老廃物を体外に出すことを言い、とても個別的でデリケートな行為であると同時に社会的規範に左右される行為であるため、個々に合わせ排便コントロールを行う必要がある。
●きちんと食べ・その人に合った排便リズム・苦痛なく排便できるようにすることが目標で、そのためには、排便日誌を利用することで状況把握することが有効である。
●排便日誌等を利用し、日常生活の観察等から排便障害の原因を確認し、原因に応じた対策をとる必要がある。
しっかり必要なものを食べ、身体を適度に動かし、十分で良質な睡眠を取る等生活のリズムのコントロールが排便障害改善のためには重要なので、排便障害がある方にはこの観察項目も気を付けて看ていく必要があります。

この研修の中で、「排便日誌」というもの評価指標が排便ケアを行う上で、特に有効であると学びました。
排便日誌とは…
食事摂取状況(量・時間・水分量・食欲の有無等)、排便時間・排便量・性状、下剤使用状況、便意の有無(排便時・排便時以外で)、活動状況、生活リズム等を記載する。週単位、月単位で表にまとめると見やすく関連性が見えてくる。
排便日誌を利用することで、排便に関与する項目の関連性を把握し、排便リズムがつかみやすくなり、個々に応じた排便ケアを実施できるということでした。

また、排便ケアの補助的なケアとして、ツボ押し・マッサージ(逆Z・腰のマッサージ等)を今まで実施していなかった事を学べたので、実際のケアに活かしていきたいと思います

 訪問看護利用者で介護度が高くなるにつれ、排泄の援助が実施されることが多く、また介護者の不安も排泄の援助についてが多いため、入院時から排便コントロールして介護者の負担軽減に努める必要があるので、各々連携が必要であると思いました。
排便コントロールが困難な利用者がいた際には、排便日誌の利用を検討し、排便ケアを提供できるようにしたいと思います



快便 工藤
スポンサーサイト
by FC2USER018648HAI  at 08:45 |  未分類 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

こんにちは。
各店舗いつも参考にさせて頂いたり楽しみながら拝見させて頂いてます。

1つ意見ですが、しもだ、三沢はブログを軽視してるようですね。
移動なされた方の近況等々ブログの更新を楽しみにしている寝たきりの利用者が居る事を忘れないでいて頂けたら幸いです。
by  2018/11/01 12:33  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する