訪問看護ステーション「ケアポート(八戸)」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

アピアランスケア



今回担当の木村です

私は平成30年7月18日(水)「がん患者のアピアランスケア」研修会に参加させて頂きました
その内容をお話ししたいと思います

アピアランスケアとは
医学的、整容的、心理社会的支援を用いて外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケアです。
実質的な外見の加工への支援だけでなく、外見の変化に関わる本人の認知の変容を促進することで、必ずしも変化する前の外見に戻すことではない。
ということでした。

外見変化がもたらす苦痛は痛みや悪心などの身体的苦痛とは異なり、
①自分らしさや女性といった自己イメージに関連する心理的な苦痛
②他者との関わりの中で生じる相対的な苦痛があり、
②の方が大きいようです。

アピアランスケア実践のポイントとして、安心して治療に前向きになれるような内容であり、実際の手法として
実際的な外見の加工への支援(治療、スキンケア、脱毛のカバー、カモフラジュメークなど)
外見の変化に関わる本人の認知変容の促進(・外見の変化自体に対する認知の変容・自分らしさに対する変容・他者との関係性における認知の変容)
です。
以前のように対人関係を築けていると感じられるようにすることが必要とのことでした。

がん治療において外見の問題が注目され始めた背景として、
①長期生存が可能になり、QOL概念が浸透。(がんに罹患してから、どのように生きるか)
②入院日数の短縮化(自宅、社会で過ごす日が増えている)
③外来治療の充実
④治療技術・薬剤の顕著な進歩と副作用の重症化
⑤就労への影響

この研修を通して、患者様、家族がどのように生きたいと考えているのか、外見上変化することをどう思っているのかなどを確認し、そのことをもとにタイミングを見ながら関わっていかなければいけないと思いました

木村 画像
スポンサーサイト
by FC2USER018648HAI  at 08:44 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する