訪問看護ステーション「ケアポート(八戸)」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by FC2USER018648HAI  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

エンド・オブ・ライフ・ケア



今回のブログ担当は土佐育子です


昨年2日に分け、エンド・オブ・ライフ・ケアにおける看護の研修に参加させて頂きました

エンド・オブ・ライフ・ケアの基本的な考え方と緩和ケアの違いについて述べると、
緩和ケアは生命を脅かす疾患に伴う問題に直面する患者と家族に対し、痛みや身体的、心理、社会的、スピリチュアルな問題を早期から正確にアセスメントし解決することにより、苦痛の予防と軽減を図り、生活の質(QOL)を向上させるためのアプローチである。
エンド・オブ・ライフ・ケアは、疾病や老いなどにより、人が人生を終える時期に必要とされるケアである。ライフ(生活、人生)に焦点を当て、QOLを最期まで最大限に保ちその人にとってのよい死を迎えられるようにすることを目標とし疾患を限定せず、高齢者も対象としている。

研修では、他に文化への配慮・倫理的問題・痛みや症状のマネジメントについて講義もありました

5月画像

話しは変わりますが、飯田史彦というスピリチュアルの研究をしている方がいて、潜在意識というか数多くこの世に生を受ける、または臨死期の状況の症例を紹介されていました。
喪失・悲嘆・死別が続き、なぜ“生きるのか”と私自身がもやもやした時期がありました。
そんな時この方の講演を聴く機会がありました。みなさん涙を流し聞いており、その後、気持ちがスッキリしたというか、癒されたことを覚えています。


講義では、下記を学びました。
死が近づいた時期の家族の抱えるニード(欲求)は8つある。(Hampe SO 1977)
①死にゆく人々と共にいたいというニード
②死にゆく人の役に立ちたいというニード
   何か行える援助はないか、援助できたことでできているという安心につながる
③患者の安楽の保証に関するニード
④患者の状態を知りたいというニード
   今の状態を医療者に問う。説明することで心配事が解決したり、安心する
⑤死期が近づいたことを知りたいニード
   死別に対する心の準備をしていく
⑥感情表出のニード
   死が近いという現実に向き合う、あるいは喪失、悲嘆な気持ちを表出する
⑦家族による慰めと支えに対するニード
⑧保健の専門家による受容と支持と慰めに対するニード


死に近づいた方と家族とはかけはなすことはできないです。
同じ時、場を一緒に過ごす中で、この8つのニードの援助を進めて不安や苦痛を取り除いていく看護を提供していきたいと思います
スポンサーサイト
by FC2USER018648HAI  at 12:12 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。