訪問看護ステーション「ケアポート(八戸)」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

やってみよう!ロコモ対策



こんにちは。今月担当の山下です

平昌オリンピックが終わりましたね
日本はメダルラッシュで、冬季オリンピックとしては過去最高数のメダル獲得だったようです

山下 画像

アスリートの人たちがいかに日頃、心身ともに鍛えているか、その努力の結果を本番で発揮するために必死になる姿に、見ている方も胸が熱くなりますね
フィギュアスケートなどで、あまりにも簡単にジャンプしているように見えるので、自分でも1回転くらいならできるのではないかと錯覚してしまいそうですが、まずジャンプして着地の時点で怪我をするのが目に見えています(^_^;)


みなさんはロコモティブシンドロームという言葉を耳にしたことがありますか
運動器の衰えが原因で、歩行など日常生活に支障をきたしている状態のことを言います。進行すると介護が必要になるリスクが高くなるため、最近はロコモ予防、ロコモ対策が叫ばれています

40歳を過ぎたら骨や筋肉は衰え始めます。ちなみにケアポート職員の平均年齢は・・・(笑)まぁ、ケアポート職員は私も含め、ロコモ対策を始めるべき年齢なことは確かですなにもアスリートのようなトレーニングは必要ありません毎日の生活の中に、少し負荷をプラスすればよいらしいですよ
例えば、歩幅を広くする、階段を使う、TVを見ながらストレッチ、家事はキビキビ行うなど、ちょっとしたことを取り入れるのです。
片足立ちで靴下がはけないとか、ちょっとした段差でつまづくなんてことはありませんかそれは、ロコモの始まりかも・・・
私は、1日10~15分くらい、軽い体幹トレーニングもどきをやるようにしています。

山下1
山下2


疲れてやりたくないなぁとサボる日もあるのですが、サボった後は同じ運動でもきつく感じるので、やはり継続が大切なのだなと感じます
運動器の寿命は自分で延ばすという意識で、みなさんもロコモ対策やってみませんか?

ちなみに、今年引退する安室奈美恵さんは40歳ですストイックにダンスや歌のレッスンを行っている彼女は、ロコモティブシンドロームとは無縁という感じですけどね(^.^)
スポンサーサイト
by FC2USER018648HAI  at 08:37 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する