訪問看護ステーション「ケアポート(八戸)」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

在宅生活で普段できること



今年4月よりケアポート八戸で勤務しています、土佐と申します。
訪問看護は初めてのことで、いろいろ失敗だらけ(//>ω<)の行動をしています。

 今回8月に「①寝たきりにさせないリハビリテーションとは
②在宅生活のADLを低下させないリハビリ」
という内容の研修に参加しました。
普段できること、それは、臥床より起きる、起きるより立ち上がる、
立ち上がるより歩く、寝たまま天井を眺めるだけでなく座位の
姿勢をとり足底をつくことの大切さの講義を受けました。
例えば、車いすに乗車する、これは、座る姿勢をとることです。
しかし、車いすに乗ってフットレストに足をのせて時間が経って
くると大腿部や下腿がしびれたり、張ってくる感じが出てきます。
そのため、車いすに座った場合、フットレストから足を下げ、床
に足底をつく、ということの重要性のお話でした。
ちなみに車いすは、一般にその人に合ったサイズでなく、布を張
ったものに座るようなもの。
小柄な人は、車いすの方が大きく自分の姿勢をとるにも不自然なものでしょう。
そこで!車いす使用している利用者さんに、アドバイスして
いきたいと思っています。
スポンサーサイト
by FC2USER018648HAI  at 17:00 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する