訪問看護ステーション「ケアポート(八戸)」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

食中毒について



今回のブログ担当の工藤です。

ケアポートに配属され、8ヶ月がたちました。
来月からは、青森県看護協会で行われる「訪問看護eラーニング ステップ1」の研修に参加します。約半年インターネットを使用する自己学習と講義・実習を行い、訪問看護の基礎的知識を学びます。この研修で学びを深め、利用者のみなさんの力になれるよう頑張りたいと思います。

6月に入り、梅雨の時期になりました。
梅雨など高温多湿となる夏場には、食中毒が多く発生しています。まだ気温は高くないですが、湿度は高いので、冬場とは違う環境であることを忘れずに注意しましよう。

食中毒(細菌性の場合)を予防するためには、3つのポイントがあります。

1.細菌をつけない。
 手にはさまざまな雑菌が付着しています。必ず手洗いをしましょう。また、まな板などの器具から加熱しないで食べる野菜などへ菌が付着しないように、使用の都度きれいに洗いましょう。

2.細菌を増やさない。
 高温多湿な環境で細菌は活発に増殖します。低温で保存することが重要です。

3.細菌をやっつける。
 ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅するので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。調理器具にも、洗剤でよく洗ってから熱湯をかけて殺菌しましょう。台所用殺菌剤の使用も効果的です。

もし、食中毒かなと思ったら・・・
 嘔吐や下痢の症状は原因物質を排除しようという体の防衛反応です。医師の診断を受けずに市販の下痢止めなどの薬をむやみに服用しないようにし、早めに医師の診断を受けましょう。

天候がすぐれない日々が続いてますが、体調に気をつけて過ごしていきましょう。
スポンサーサイト
by FC2USER018648HAI  at 14:25 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑